奇跡の当選!戸建一万円購入権があたっちゃった!

千葉県の賃貸不動産・収益不動産事業を行っている"なごみさん"の一万円戸建キャンペーンにまさかの当選!?

嫁さんに騙されてるんじゃないのといじめられながらも、この戸建をどう料理していこうか悪戦苦闘する(はず)軌跡を残して行こうと思います。

体験会 - 二階洋室の音鳴り対策

いよいよ午後からは二階に上がり、音なりの対策をします。これが結構厄介です。


どこから音が鳴っているか確かめるのですが、音がなったりならなかったり、ならないと思って力加減を少し変えると音が鳴ったり、原因を判断するのがなかなか難しいです。



一階と違い、二階はこの穴に落ちると天井を突き破って下に落ちるので、ひやひやです。自分の物件ならいざ知らず、人の物件の天井に穴をあけたなんてシャレになりませんから、落ちないように注意して作業します。


で、柱にビスを打ったり、壁際の床にビスを打ったりして、音鳴りを止めようとしたのですが、なかなか止まりません。最終的には赤尾さんが原因を発見してピタッと止めた時には、全員でおおーーー!なんて感心してしまいました。


1Fもそうですが、これ開けた床ってどうやって戻すんだろうと思ったら、


なんと上からベニアをかぶせるんですって。12mm とか 1cm 以上あるベニアを穴の大きさに切って、ビスで止めるだけ。


ちょっと驚きましたが、上からクッションフロアを張ったりするので、これでいいそうです。びっくりしますね。





体験会 - 開けた床のその先には・・まさかの!

DYI体験会で1Fの床をあけたのは、床下の状態が悪くなっていないか確認するためでした。


中をのぞくと、そこには、



怖いわ!

という体験?も含めつつ、いよいよ本丸の2階となります。


2階にあがると。上がった瞬間に”傾いているね”というのが体感でわかるレベルです。
また、2階の洋室を歩くと、ぎーぎー音が鳴ります。


まず、音鳴りの対策し、傾きの対策を考えるところまでが一日目の作業となりました。











体験会でいきなり床をあける

傾きを直すという目的だったので、当然床をはがすことは想定していたのですが、


ついて早々、いきなり1Fの床を空けるという(私にとって)大きな荒業に挑戦することになりました。しかも


the 丸ノコ!


こんなもん見たことくらいはありますが、触ったことはさすがにありません。


電源を入れると


ちゅいーん!!


ものすごい音がしてかなりやばい感じです。もし、指や腕にあてようものならたぶんすぐ吹っ飛んでしまうでしょう。そんな私たちに赤尾さんが丁寧に丸ノコの扱いを教えてくれました。


さて、ついに私の番が回ってきます。 音と威力にビビりながらも、慎重に丸ノコを前に押していきます。


が、すぐ止められます。どうやらちゃんと前に進めておらず、曲がっているようです。線通りに進めているはずなのですが、


やってるほうはさっぱりわかりません。TT


どうやらセンスはないようなので、後は経験と努力でカバーしますw